読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊的に生きる・・・譲る・譲れば・譲る時

霊的に生きる

人が、何をどう思うのか、どう感じているのか・・・,

人を理解するということは、とても難しいことだと思います。

  

f:id:loudquasar:20170106144738j:plain

 

何事も自分を中心で考えてしまうので、相手も同じように感じているのだろうと思い込んでしまう時があります。
つい同意を求めてしまうことがあります。
「そうだよね?」「そう思うでしょ?」「それが当然だよね?」

 

でも、相手は、全く違うように感じていることがあります。

 

えっ?何でそう感じるの?
それはちょっと違うのではない・・・?
そうなのかなぁ・・・?
絶対こっちがいいと思うのだけどなぁ・・・

 

人の考えとは、様々で、どちらが正しいとは言い切れないのだから、よりよい人間関係を保とうとすると、相手の考えを尊重しないといけません。


その「尊重」というのが、一番難しいことだなと最近思います。

 

「どうでもいいようなこと」は、相手に合わせることは出来ても、自分との考えが全く違う時には、同意できないまま、相手に合わせることになります。

 

それが霊的カルマから来る「拘り」の範疇だと自分で自覚が出来た時は、頑張れます。
これこそ修行だ!と思えるのですが、そうも行かない時がたくさんあります・・・。
絶対自分の方が正しいのに・・・って。
自分の未熟な部分の意識が、不満を現してきます。

 

この地上には、「絶対的な正しさ」というものがない以上、「自分の考える正しさ」と「相手の考える正しさ」が、いつもぶつかり合っているわけです。
未熟な者同士が、お互いの「正しさ」を主張しているわけです・・・。

 

でももしかすると、この世の中は、実は、「どうでもいいこと」ばかりなのかもしれないと思いました。

 

今生で、新たなカルマを作ってしまうような事態でないのであれば、なんでもいいことなのかもしれない・・・。

 

ある方向さえ見誤らない限り、日常の生活では、「どうでもいいこと」ばかりなのではないだろうか・・・。

相手に、全部譲ったとしても、大してその結果には、差はないのではないかと思いました。


「自分の思うようにやれなかった」「否定された」と思うと、不満が蓄積してきますが、「譲ってあげた」「相手が満足するようにやらせてあげた」と思うと、ストレスは少なくてすみそうです。

 

でも、そこに至るには、やはり、何を言っても、霊的トレーニングなわけです・・・。

ただし、譲ったあげく、職を失ったり、給料が減ってしまっては困ります。日々の生活に支障が出てきてしまいます。修行も出来なくなってしまうかもしれません。
そこは、断固として戦わなければなりません。

 

「人はパンのみに生きるに非ず」とどなたかおっしゃっていましたが、人は、パンを食べないと生きていけないけど、パンを食べることを目的とし生きているわけじゃないということなのですね・・・。

 

「生きること自体が修行」とかよく言われますが、

どう生きたかによって、修行の成果に差がつくということなのでしょうか・・?

 

霊魂学deオフロード・・・旧「霊魂学を学ぼう」  Vol. 16

霊魂学を学ぼう!

霊的なことに関するトピックを、様々な角度からアプローチ。オフロード的で面白い、とっておきのお話をお届けします。

 

■■ 霊魂学deオフロード Vol. 16

(霊魂学カフェテリア Vol. 16 - September 2016 より)

 

「一念岩をも通す」(先月号からの続き)

さて、問題となるのは、肉体を持った人間の幽的な知覚ですので、その龍に見えた生命体が地上で言うところの背中に綺麗な龍の絵を描いたような方だった可能性も無きにしも非ずであるということではないでしょうか。

一緒に空を飛んだりするという深い交流をするのですから、当然幽気の交流のようなものもあり、質の似通った幽気となると思われますので、死後のお迎えが彼ら?であることは確実で、その後は子分として使役されることになる可能性が高いと思われるのです。

それを知った上でも超能力を求める人がいるとしたら・・

地上的な感覚で言えば、「その筋の方が無償で全く関係ない人を高級外車で送り迎えしてくれるでしょうか?」と問うてみたいのです。

普通に地上を生きている上で、そのようなことに出会う確率はほぼ無いでしょうし、善良な市民はそこに何らかの善からぬ意図を感じますので、まず断りますよね。

ところが、肉体を持っているため、それを正確に見ることも感じることもできないのです!!

そして、死後だけではなく、肉体の中で機能すべき間気が外部に漏れているということも困った問題なのです。

例えば、本来肉体の中で機能しているはずの内臓がお尻からみんな出て、その上に乗っかり空中浮揚などと言っているようなものなので、内臓が虫や動物に食べられる前、内臓が干からびて、ご飯が食べられなくなり病気になる前に医者に行くべき状況なのです。

霊的に言い換えれば、邪な霊魂に漏れ出た間気を利用され関与される前、幽体から肉体に行く活力がなくなり肉体が衰弱する前に専門家の霊的治療が必要な状況なのでした。

生きたまま化け物のような存在になってしまえば別ですが、おそらくは健康で長生きはできないでしょうし・・・

大切なことなので、何度も言いますが、死んだ後は邪な霊魂の子分でパシリになることは確実であることを知っておくべきでしょう。

(by タニグク)

 

**************************************************************

契山館広報部発行のメールマガジン「霊魂学カフェテリア」より、許可を得て転載しています。

http://kouhou-keizankan.jp/newspage3.html

こちらから、メールマガジンの登録が出来ます。

霊魂学deオフロード・・・旧「霊魂学を学ぼう」  Vol. 15

霊魂学を学ぼう!

霊的なことに関するトピックを、様々な角度からアプローチ。オフロード的で面白い、とっておきのお話をお届けします。

■■ 霊魂学deオフロード Vol. 15

(霊魂学カフェテリア Vol. 15 - August 2016 より)

 

「一念岩をも通す」

このことわざは、草の中の石を虎と見間違えて弓を射たら、その矢が石に突き刺さったという中国の故事から来ているそうです。

果たしてそのようなことは可能なのでしょうか?

f:id:loudquasar:20170113160458p:plain

水波霊魂学では、念は幽質であり、物質に直接関与はできないとされています。

 

物質に影響を及ぼすことが可能なのは「霊的能力の謎」にも書かれているように間気であり、世に言う念力は、この間気によって引き起こされる現象なのです。

そして困ったことに、気を用いることは誰にでも出来ることで、霊能力ではないことなのです(その問題点については「霊的能力の謎」をお読みください。)

 

心霊科学の研究が始まった時には、物理的な心霊現象はエクトプラズム(水波霊魂学で言うところの間気)により引き起こされることが確認されていたようですが、あの超能力ブームのユリ・ゲラーのスプーン曲げあたりからか、アメコミの影響を大きく受けた石ノ森章太郎氏の漫画あたりからでしょうか、念、思いの力が物を動かしたりスプーンを曲げたりするイメージが定着してしまったようです。

その心霊科学では、霊媒・本吉嶺山により、物品の引き寄せは、エクトプラズムと補助霊の力により可能になるという主張もありました。

果たして引き寄せることができるのは物品のみであるのか、どのくらいのサイズまで可能なのか・・人間は?って勘繰りは置いときまして。

仙人が雲に乗り空を飛ぶとされているのは、間気(エクトプラズム)が物質化したものを見たのかもしれませんし、また仙人が鶴に乗っていたり、龍に乗っていたりする姿は、間気を通して肉体に関与できた生命体が人を乗せ空を飛ぶ姿を、幽的な視力により知覚できる人がいたのかもしれません。

そして当然、幽体の生命体ですので物理的距離は全く関係ないはずで、地上的には瞬間移動したように感じられることもあるのかもしれません。

 

水波霊魂学を用いれば、いわゆる超能力発生のメカニズム?も、このような解釈が可能となるのです。

(次号に続く)

(by タニグク)

 

**************************************************************

契山館広報部発行のメールマガジン「霊魂学カフェテリア」より、許可を得て転載しています。

http://kouhou-keizankan.jp/newspage3.html

こちらから、メールマガジンの登録が出来ます。

霊的に生きる・・・嫌いな野菜

霊的に生きる

あるところに、野菜が嫌いな人がいました。


でも、頑張って食べようと思っているようでした。
いつか、好き嫌いがまったくなくなるような、そんな自分になれたらいいなと・・・。

 

f:id:loudquasar:20170106102053j:plain


トマトが苦手です。
砂糖をかけて食べたり、卵と炒めたり、にんにくを刻んでトマトのパスタソースを作ったり・・・。
でも、だめでした。
しょうがないので、トマトは諦めました。

次に、ピーマンにトライしてみました。
電子レンジで無限ピーマンを作ったり、細く刻んで焼きそばに入れたり、・・・。
頑張ってみました。努力の甲斐があり、少し食べられるようになりました。


次は、たまねぎにチャレンジしてみました。
カレーに入れ、オニオンリングフライ、温泉卵を乗せたオニオンスライス・・・・。
たまねぎは比較的早く、食べられるようになりました。
でも、そのかわりなのか、ピーマンがまた食べられなくなってしまいました。

でも、不思議なことが起こりました。

トマトです。 諦めたあとは、一度も口にしていなかったのですが、なんと、知らないうちにちょっとだけなら食べられるようになっていたんです。

ピーマンでもシイタケでもにんじんでもなんでもいい。
野菜に例えてしまいましたが、努力し続けるということは、こういうことなのかなと思いました。

「継続する」ということが、とても大きな力なのだと思いました。

 


その時結果が出なかった自分の努力が、

自分の知らないところで、確実に何かが変わっているんですね・・・。



そんな経験、あなたには、ありませんでしたか?


修行を続けていくと、

小さな何気ない拘りが、だんだん少なくなってきたことに、

時々気が付きます。

 

霊魂学deオフロード・・・旧「霊魂学を学ぼう」  Vol. 14

霊魂学を学ぼう!

霊的なことに関するトピックを、様々な角度からアプローチ。オフロード的で面白い、とっておきのお話をお届けします。

 

■■ 霊魂学deオフロード Vol. 14

(霊魂学カフェテリア Vol. 14 - July 2016 より)

 

前回は脳科学的?に見たテレビの心霊写真番組について書きましたが、水波霊魂学的には、ちょっと不完全燃焼なので続きを(笑)

そもそも霊能者と呼ばれる方なら、本来そこには見えない、写っているはずのない幽的な何かを指摘すべきなのですが、残念なことに、それではテレビ的に面白みがなく視聴率が稼げないと経営的な判断がなされ、あのような番組が制作されることになったのだと思われます。

それでは、霊能者と呼ばれる方々はどのようにして肉眼では見ることのできないものを見ることが可能なのでしょう。

f:id:loudquasar:20170113151619p:plain

水波霊魂学的な観点から脳科学も交えて分析をしてみたいと思います。

例えば、片方の目が見えないとか、一部の視野が欠損している場合、脳がその欠けた部分を補って本来なら見えていないものが見えることがあるそうです。

もし、霊魂が地上の人間に何らかのヴィジョンを見せたいと思った時、その脳の機能は利用できるのではないでしょうか。

霊魂から見れば、その視野が欠損している方の脳の特定の部位で間気や幽気が通常の人とは違った流れや偏りがあるように感じるのかもしれません。

そこに霊魂が自分の幽気を入れるなり、念を送るなりの干渉を行えば視野の欠損がない地上の人間に何らかのヴィジョンを見せる……ことができるのかどうかは霊魂に聞いてみないと分からないのですが、地上の人間的にはイケるんじゃないかとも思うのです。

が、おそらくは、いわゆる邪霊と呼ばれる方々が人間を操る術は日進月歩でレベルが向上し?我々地上の肉体の脳では理解不能な、想像を超えるレベルでの様々なテクニックを用いて人間に干渉してきているのでしょう。

そして、そこで問題となるのは、もし健常な方が幽視能力を求めた場合、霊魂からの干渉により逆に視野が欠損する、もしくは失明することもある、ひどい場合は脳に障害を持つ可能性もあると思われるのです。

また、上手く幽視能力が身についた場合でも、自動車を運転中に飛び出してきた(ように見える、見せられる)子どもを避けようとして、事故を起こしてしまい人生が台無しになることも考えられます。

そして、何より問題なのは関与した霊魂の低い幽気が染みわたり死後も不幸になってしまうことなのです。

水波霊魂学的には、決して幽視能力など求めてはならないのです!

!

(by タニグク)
 

**************************************************************

契山館広報部発行のメールマガジン「霊魂学カフェテリア」より、許可を得て転載しています。

http://kouhou-keizankan.jp/newspage3.html

こちらから、メールマガジンの登録が出来ます。

霊的に生きる・・・三つの意識

霊的に生きる

「私」はお酒が好きです。

好きな料理をつまみながら、お酒を飲むのが好きです。


でも、当然のこと、毎日ともなると、カロリーオーバーになってしまいます。

会社の定期健康診断では、メタボ予備軍で、この状態を続けると確実に病気になると言われました。

f:id:loudquasar:20170106112346j:plain

そこで「私」は、しばらくの間、お酒をやめることにしました。
ご飯の量も減らしました。

ちょっと辛かったのですが、我慢できました。
でも、すぐに、イライラしてくるようになりました。

 

飲みたいよ~!
おなかいっぱい食べたいよう~!


でも、ダメです。病気になってしまいます。
病気になると、出かけることも、修行もできなくなります。
修行者である「私」は、自分のためだけではなく、周りによい影響を与えるつもりで、修行をしなくてはいけないのです。


修行といっても、苦行と言われるような、辛いものではありません。家庭で出来る簡単な行です。とはいうものの、体調を整え、呼吸を整え、真剣な気持ちで臨まないといけません。

 

そんなことは言われなくてもわかってるよ~。
でも、飲みたいんだよ~。
たまにはいいよね?
少しぐらいだったらいいよね?

 

  だめだよ!せっかくここまで我慢したのだから!
  いっそのこと、一生お酒をやめてしまえば?

 

え~~~!!

お酒も飲めず、おなかいっぱいに食べることが出来なかったら、死んだ方がましだよ!!

 

  なに言ってるの?
  死んだら、おなかなんか空かないし、
  お酒だって、地上時代の記憶が残っているだけであって、
  そのうち味も何も忘れてしまうんだよ・・・。

 

そ、そんなこと、知ってるよ!
・・・ただちょっと言ってみただけで。

 

  お酒に限らず、今は何が一番大事かということを考えれば、
  自ずと答えは見つかるし、そのように行動できるはずだよ!
  それに、いつもすぐに楽をしようとするんだから!


うう・・・・・・・・・。

 


さて、どうしましょう?
このままだと、「私」の心は、爆発してしまいます。
でも、「私」の中の優等生の部分は、容赦しません。

 

困りました・・・。
いつまでたっても、両者は平行線です。
このまま飲み続け、食べ続けると、それこそ本当にお酒が飲めなくなってしまうし、かといって全く飲まないと修行も出来ないほどストレスが溜まってしまうだろう・・・、
さて困った・・・。

 

そこで「私」は考えました。

 

メタボになったのも、急にではないはずだから、直すのも、急ではなく、少しずつにしよう。
量を決めて、回数を決めて、ちゃんと管理して、徐々に減らして行くことにしよう。
いきなり禁酒だなんて、無理だったかのかな・・・とチョッピリ反省もしました。

 

しばらくは、ストレスもなく、うまくいっていました。
でも、時々、「もっと飲みたい!もっと食べたい!」という気持ちに負けてしまい、たくさん食べてしまうことがありました。
そうなると、翌日「私」は落ち込んでしまいます。

 

なんて自分の意思は弱いのだろうか・・・?
自分のわがままな部分をうまくコントロールできない・・・。
(涙)(涙)(涙)

 


こうするべき
ああするべき

という、「優等生的な自分」と、

 

こんなことできない
あんなことはいやだ

という「わがままな自分」と、

 

「その真ん中に立つ私」は、おろおろし、とても苦しくなってきます。


頭ではわかるのだけど、気持ちがついていかない・・・・
頭ではわかるのだけど、行動が伴わない・・・・
 

頭でわかればわかるほど、自分がとても辛くなっていく・・・

何も出来ない、何もしない自分が、許せなくて・・・
オロオロとどちらにも足を踏み出せない自分が、情けなくて・・・

 

でも、自分の未熟な部分をなだめながら、少しずつでも前に進むようにしないと・・・

 

時々飴をあげて・・・、
時々愚痴を聞いてあげて・・・、
時々一緒に泣いてあげて・・・。

 

時々なら、わがままを聞いてあげよう・・・。
叱ってばかりだと、心が縮んでしまう・・・。
もう少し時間を掛けよう、修行をしながら・・・。

 

そうだ・・・
自分の未熟な部分の「傾向」をよ~く把握して、分析すれば、対策は立てやすくなる。
どこまで今の自分は出来そうなのかを知れば、無理を強いなくてもすむかもしれない!

 

そうすれば、三人の自分が、お互いの気持ちを尊重しつつ、お互いを思いやりながら、時には叱咤し、時には協力し、仲良く道を歩けるようになれるはず・・・。

 


わかっていてもできない自分・・・

でも、「わかっている」だけ、マシなのかも・・・
「わかっていてもできない!」って開き直らないで、倒れて涙するだけ、マシなのかも・・・

 


・・・なんてことを思いながら、日々を過ごしています。

 

 

「優等生の自分」は、「わがままな自分」を少し思いやることが出来るように

「わがままな自分」は、「優等生の自分」の真意を理解できるように

「真ん中に立つ自分」は、よりよい判断を下せるように

 

 

霊的に生きる・・・いやなやつ

霊的に生きる

 会社・学校・地域・・・

f:id:loudquasar:20170106091722j:plain


そこには必ずいやな奴」 っていませんか?


単なる好き嫌いではなくて、誰からも嫌われるような人が・・・。
でも、その本人は、まったくそのことに気が付いていないような人が。

ある会社にある部長がいました。
彼は、一生懸命会社のことを考えて仕事をしています。会社の利益をいつも考えながら仕事をしています。
そのために、部下に少し厳しいことをいうこともあります。
そして、みんなから嫌われています。

ちょっと離れてその部長の言動を見ていると、「会社のため」といいながら、「自分のため」が多いことに気が付きます。

自分に不利益にならないように・・・。
自分の価値観を保てるように・・・。
社長に高い評価をしてもらえるように・・・。
そして、何か不満を部下にぶつけているような・・・。


部長本人も、周りの様子を感じ取っています。


なんで、自分はこんなに頑張っているのに、みんな解ってくれないんだろうか・・・。
間違ったことは言っていないのにぜんぜん部下は言うことを聞かないし、頼れるヤツは一人もいないし、社長すら自分を認めてくれているのかどうか・・・。
「自分は一生懸命やっているんだ!いつも会社のことを考えているのに・・・」


悪いのは、みんな回りの人たちなんです。


会社に来るのも本当は面白くないのだと思います。
多分、家に帰っても、自分の苦労を解ってくれる家族もなく、孤立しているのではないかと思います。


一人でいる時も、決してくつろいではおらず、心の中では常に葛藤し、何かにつけイライラしているのだと思います。

霊魂学を勉強し、修行を深めて行くと、自分の心と同様に、人の心が少しわかるようになってきます。

そのような人は、当然周りから念を浴びています。
なんでそんなに、わざわざ念を受け、傷つくようなことを言うのだろうか・・・
嫌われたいカルマでもあるのだろうか・・・。
きっと死後は・・・。

そう思うと、同情してしまいます。

もし自分を変えたいと思うのであれば、

霊魂学を知って欲しい・・・。

「人とは?」ということを知って欲しい。


その人の行動が、カルマによるものであれば、修行によって少しずつ変えることが出来るのに・・・。
その「やるせない気持ち」を少しは解消できるのに・・・。

「むなしい気持ち」を変えていくことが出来るのに・・・。

そして、念で傷ついた幽体を少しずつ修復できるのに・・・。

そう考えると、どんな「いやな奴」でも、「かわいそうな奴」に見えてきませんか?


      以前、こんなことを守護霊に言われました。

     人間関係で悩んでいた時のことです。

 


現代人は皆、本当は悩んでいて、

人に見せる姿と一人になった時の姿は違っていると知り、

むしろ、同情しなければならないと考えるべきです。