読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先祖供養②

先祖供養は悪いことじゃないし、良いことなのだから、やらないよりやったほうがいいに決まっている・・・。 ご先祖様はきっと自分の力になってくれる・・・。子孫が困っているのを見て見ぬ振りは絶対しないはずだ・・・。 ご先祖様には感謝しなさい。しない…

先祖供養①

皆さんのおうちでは、ちゃんと先祖の供養をしていますか?お盆やお彼岸にはお墓に行き、仏壇にはお水やご飯を供えていますか? 霊魂学的には、特に先祖供養が必要だとは言っていません。でも、供養はしたほうがいいと言っています。矛盾していますが、それは…

未熟な霊魂からの想念

地上をうろつく未熟な霊魂は、人が考える以上にたくさんるそうです。 その中には、人に悪さをし、人間同士の争いを好む、霊魂がいます。 彼らは、人間に関与して、人間を不幸にすることに喜びを感じています。 彼らは、人の耳元で、いつも囁こうとしています…

守護霊からの想念 

地上の人間に関わる霊魂は、絶えず、人に想念を送っています。 その想念は、二種類に分けられます。 一つは、守護霊や指導霊からの、高い意識の想念であり、 もう一つは、邪霊からの未熟な想念です。 守護・指導霊は、人を霊的なことに接するように導こうと…

幽体の質

死後、よりよい世界に行くには、幽体の質を上げる これに尽きるそうです。 人は、強い恨みなどの念を出すと、その念により他の人の幽体を傷つけてしまうことがあります。人が発する念というものは、相手が特定されていれば、発した瞬間に相手に届きます。念を…

守護霊

みなさんは、「守護霊とは、自分の願いを聞いてくれる存在」なんて、勝手に期待していませんか?

人が生きるわけ

「人は生かされている」ってよく聞きますよね。でもそれは、違うのです。 霊魂の世界は、この地上が出来るずっとずっと前からありました。 幽界とは、とても自由な世界で、何も束縛のない世界です。そこに住む霊魂たちは、ある時地上に降りて肉体を纏いまし…

間気とは

人間の体は、「肉体」と「幽体」と、「間気」で出来ています。 間気とは、肉体と幽体を接着する役目をします。 人は、肉体と幽体が切れてしまったら、死んでしまいます。 肉体が元気でも、逆に、肉体と幽体との接着役の間気が減少し役目を果たせないような状…

地上とは

私たち人間は、肉体と幽体を重ね持ち、この地上で生きています。 肉体を脱ぎ捨てた人間は、普通は、自分の行くべき世界に帰って行きます。 しかし、中には、行くべき所に行かず、地上に残る霊魂もいます。一度行ったものの、いろいろな理由で、地上に降りて…

幽界とは

幽界では、おなかがすきません。ご飯を食べなくても生きていけます。眠くもなりません。寝る必要がないのです。 お金も要らないし、仕事をする必要はありません。学校に行く必要もありません。欲しいものが手に入ります。大きな家が欲しいと思うと、豪邸が目…

死後最初に行く世界

肉体を脱ぎ捨てたあと、しばらくの間、冥界というところで寝ています。幽質の世界に慣れるまで留まる所です。 幽界は、地獄のような辛い世界から、上は天国のような明るくすばらしい世界まで、いろんな世界に分かれています。幽界で、霊魂として成長するにし…

人間とは

幽体離脱 という言葉があるように、 人間とは、「肉体」と「幽体」を重ね持つ、霊的生命体です。 そして、死とは、肉体と幽体が完全に分離し、幽体が幽界に戻って行くことなのです。 私たちは、幽界と呼ばれる世界で、ずっと霊魂として生きてきました。一時…

霊的世界とは・・・はじめに

これは、ある霊媒が 「霊魂から直接聞いた話」であり、個人の「思想」でも、「教え」でもありません。 霊的な世界というものの存在を信じない方には、すべて作り話と思われてしまうかもしれません。でも、そういう方もこれをSF小説だと思って読んでみてく…