霊魂学を学ぼう!  Vol. 06

■■ 霊魂学を学ぼう!

(霊魂学カフェテリア Vol. 06 -  November 2015 より)

 

「サンタさんに毛髪をお願いしたら、翌朝枕元に髪の毛がいっぱい落ちていた。」

年の暮も近づき、ネット上でこのような話題をちらほらと見かけることが多くなる季節となりました(笑)

さて、クリスマスは本来、世界的に冬至に太陽神の死と再生を祝うお祭りであったようです。

もちろん、この日本の神話でもアマテラスが天の岩戸から現れた場面で描かれていますね。

そして、契山館では「指導霊」にも書かれていたように毎年12月には「霊的クリスマス」の儀式が行われています。

まさに霊的な意味で天界を輝かされている太陽のようであり、力そのものでもある神霊を体現されているイエス師とその霊魂団に連なることのできる貴重な場となっており、その感動たるや!!!!!!

あたかも神話が再現されているかのように思えても来ます。

残念ながら、全く別な意識が感じており、なかなか肉体の脳では理解するのが難しいのですが、それでも確実に何かが変わっていることを感じていただけるのではないかと思います。

霊的クリスマス、それはまさに、霊的に暗闇と化した現代に求められている儀式ではないでしょうか。

霊魂学の知識だけに満足するのでなく、言葉では表現できない体験を通して、その知識を深めていただきたいと思うのです。

それが、まさに霊魂学の醍醐味でもあるのですから。

ところで、冒頭の文章を読んで、こう思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

|
|  彡⌒ミ
\ (´・ω・`) また髪の話
 (|   |)::::   してる
  (γ  /:::::::
   し \:::
      \

いいえ、違います!!

神の話をしているのです(笑)

(by タニグク)
 

*****************************************************************************

契山館広報部発行のメールマガジン「霊魂学カフェテリア」より、許可を得て転載しています。

興味のある方は、http://kouhou-keizankan.jp/newspage3.html

こちらから、メールマガジンの登録が出来ます。