読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

霊的に生きる・・・腐ったケーキ

大勢の人が言いました。


「このケーキ美味しいね~!」

f:id:loudquasar:20170105151443j:plain

 


一口しかまだ食べていない人も、ほとんど食べ終わってしまった人も、みんな、美味しいと言います。 でも、ある人が言いました。

「ん?これ、腐っていない??」

「何言っているんだ!なんともないよ!腐っていたら、一口食べただけでわかるさ」
「あなたの味覚がおかしいのじゃないの?」
「何か、このケーキ屋さんに怨みでもあるの?」
「このケーキはこういう味なんだよ。その微妙な味加減がわからないなんて、まだまだ子供だな」
「あなたはいつもそう。そうやって、いつも文句ばかりを言ってる。その性格、治した方がいいと思うよ」
「どこが腐っているというんだ?この生クリーム?それともスポンジ?フルーツ?はっきり何処といえないのに、ただ腐っているって言われても、答えようがないよ」
「いやだったら、食べなければいいじゃないか!」
「もう君なんか、誘わないよ、こっちの気分が悪くなるだけだから」

その人は、がっかりしてしまいました。そして、とても疲れてしまいました。

「腐っている」と言ってから、「え?もう一口食べて確かめてみよう」という人がだれもいなかったからです。

何で、みんな解ってくれないのだろうか・・・?


何で、解ろうとしてくれないのだろうか・・・?

美味しい・腐っていないという前提で物を食べる時、何も感じないかもしれません。
でも、もしかして?と 確かめようと思って食べると、そこに隠れていた別の味覚に気が付くかもしれないのに・・・。

何故その人は、そう言ったのだろうか?
いつも「文句」ばかり言うし、いつも人とちょっと違うことを言うから周りから「変な人」だと思われやすいけど、そこには真実はまったくないのだろうか?

もう一口食べた上で、「でも腐ってなんかいないよ!」というのであれば、きっと、その人は納得したに違いありません。

多分、その人の味覚が少し人と違っていたのでしょう。
単なる、好き嫌いの範疇だったのかもしれません。

でも、もしかして、何人かは、何かさっきと違う味を発見した人がいたかもしれません。


何もしようとせず、自分の記憶・先入観だけで、決め付けてしまうことって、真実から遠ざかることでも、あると思うんです。


「美味しい」と言ってしまった手前、もう引っ込みが付かなくなっているのかもしれません。
もう一度味を確かめるということは、自分を一瞬でも否定しなくてはならないことだから・・・。


あなたは、「腐ってる」といわれた時に、どのような反応をしますか?

やはりまず、反射的に、「そんなことはないよ~!!」って、否定してしまいますか?

でもそれは、心理学でいうところの「自己保存」というヤツですよね。



人の本性の一つでもある「自己保存」がために、真実が見えにくいってことが、あるように思います。