霊的に生きる・・・嫌いな野菜

あるところに、野菜が嫌いな人がいました。


でも、頑張って食べようと思っているようでした。
いつか、好き嫌いがまったくなくなるような、そんな自分になれたらいいなと・・・。

 

f:id:loudquasar:20170106102053j:plain


トマトが苦手です。
砂糖をかけて食べたり、卵と炒めたり、にんにくを刻んでトマトのパスタソースを作ったり・・・。
でも、だめでした。
しょうがないので、トマトは諦めました。

次に、ピーマンにトライしてみました。
電子レンジで無限ピーマンを作ったり、細く刻んで焼きそばに入れたり、・・・。
頑張ってみました。努力の甲斐があり、少し食べられるようになりました。


次は、たまねぎにチャレンジしてみました。
カレーに入れ、オニオンリングフライ、温泉卵を乗せたオニオンスライス・・・・。
たまねぎは比較的早く、食べられるようになりました。
でも、そのかわりなのか、ピーマンがまた食べられなくなってしまいました。

でも、不思議なことが起こりました。

トマトです。 諦めたあとは、一度も口にしていなかったのですが、なんと、知らないうちにちょっとだけなら食べられるようになっていたんです。

ピーマンでもシイタケでもにんじんでもなんでもいい。
野菜に例えてしまいましたが、努力し続けるということは、こういうことなのかなと思いました。

「継続する」ということが、とても大きな力なのだと思いました。

 


その時結果が出なかった自分の努力が、

自分の知らないところで、確実に何かが変わっているんですね・・・。



そんな経験、あなたには、ありませんでしたか?


修行を続けていくと、

小さな何気ない拘りが、だんだん少なくなってきたことに、

時々気が付きます。