人間とは

幽体離脱 という言葉があるように、

人間とは、「肉体」と「幽体」を重ね持つ、霊的生命体です。

そして、死とは、肉体と幽体が完全に分離し、幽体が幽界に戻って行くことなのです。

私たちは、幽界と呼ばれる世界で、ずっと霊魂として生きてきました。
一時期、「この世」で生活をします。  
そして「この世」で死んだら、また幽界に帰って行くのです。

幽体と肉体の接着が切れる時が、人間の死ぬ時になります。
事故や病気をして、肉体がもう使い物にならなくなった時に、幽体は肉体から離れて行きます。
肉体が元気でも、幽体が不調の時も、離れてしまうことがあります。

 

この世の記憶をそのまま持って幽界に帰って行きます。

 

f:id:loudquasar:20170228144518j:plain

 

 

そしてまたこの世に再生する時には、地上の胎児の中に幽体が入り込みます。

そのように、人は何度も再生を繰り返しているのです。

 


しかし、再生時には、残念なことに、いままでのことは、全て忘れてしまいます。


そして、すべて忘れてしまっているのに関わらず、魂の奥深くには、何度か再生した時に受けた心の傷や悲しみが眠っているのです。