間気とは

人間の体は、「肉体」「幽体」と、「間気」で出来ています。

間気とは、肉体と幽体を接着する役目をします。

人は、肉体と幽体が切れてしまったら、死んでしまいます。

肉体が元気でも、逆に、肉体と幽体との接着役の間気が減少し役目を果たせないような状態になると、幽体は肉体から離れてしまい、死んでしまうことになります。

また、肉体と幽体がずれてしまうことがあります。足がずれると、転び易くなったりします。手がずれると、物を落し易くなったりします。

安易に幽体離脱を試みないでください。

肉体が健康であっても、幽体が離れてしまって、元に戻れなってしまうことがあります。


幽体離脱、それは、自殺行為に等しいことなのです・・・。


幽体からの情報を肉体の脳に伝える役目をします。

後ろからボールが飛んできました。
肉体より、幽体の方が先に気がつきます。
幽体は肉体に伝えようとします。「危ないよ、後ろをごらんよ!」って。
でも、肉体の脳はなかなか感知しません。
もっとも、スピードが速いボールだと、幽体から肉体に伝わっても、行動に移す前に、ぶつかってしまいますが。

でも、事前に何かに気が付いて、危険を回避したことなんて、誰にでも経験はあるのではないでしょうか?

この世は、物質だけだと思っていると、それ以外の力を、受け取っているのに、何も気が付かないかもしれませんね。 

 

f:id:loudquasar:20170302144353j:plain

 


幽体からの栄養を肉体に流す役目をします。

幽体からの栄養が肉体に伝わらないと、胃潰瘍ですむところが胃癌になってしまうこともあります。
肉体と幽体が十分に接着していて、いつも幽的な栄養が流れていると、怪我や病気も軽くてすむようです。

いわゆる「自然治癒力」の低下とは、間気の漏れ等で、幽体からの栄養を十分受け取れていない状態なのです。

f:id:loudquasar:20170302150634j:plain

 

間気が、身体から外部に流れ出すと、さぁ大変!

当然身体内の間気が減少します。
そして、それが大好きなよからぬ霊魂が傍に寄ってきます。

 

外部に流れ出した間気は、いわゆるエクトプラズムというものに変化します。

よく心霊研究などの写真に写っている、白いもやもやしたもののことです。

心霊現象の大部分は、霊魂がこの漏れたエクトプラズムを利用しておこる現象なのです。