『幽体の悲劇』

この本を読むと、
幽体というものの存在を身近に感じることが出来ると思います。

いわゆる「潜在意識」とは、この幽体の意識のことだったのですね・・・。


f:id:loudquasar:20180823152217p:plain


目次

1 誕生の章
 1.新しい生命の誕生
 2.母体の中で
  3.栄養不足
  4.出生

2 乳児の章
 1.乳児の本能
 2.乳児の心 
 3.乳児の記憶
 4.乳児の幽体

3 幼児の章
 1.幼児の心
 2.心の不思議 
 3.幼児と社会
 4.園児の思い
 5.幽体の涙

4 少年少女の章
 1.ストレス
 2.我慢の限界 
 3.念による対決
 4.夢の世界
 5.二人の自分
 6.反抗期

5 思春期の章
 1.人間の意識
 2.勉強と幽体の意識 
 3.スポーツと幽体
 4.プロ的なスポーツと幽体 
 5.恋愛の霊的事情 
 6.好み
 7.恋愛と過去世
 8.恋愛と霊魂
 9.恋愛と霊魂の干渉
 10.友情と霊魂
 11.イジメの霊的事情

6 成人の章(仕事・日常編)
 1.仕事
 2.念による戦争 
 3.幽体のSOS
 4.霊魂の干渉
 5.霊能力願望
 6.高級霊

7 人の章(結婚編)
 1.結婚、そして、離婚 
 2.性行為と幽体
 3.霊的な気
 4.妊娠
 5.胎児の意識 
 6.子育てと父親
 7.幼児教育
 8.少年期の教育
 9.思春期の教育

8 老年の章
 1.肉体の衰え
 2.機能低下と幽体 
 3.近付く死
 4.死への準備

9 他界の章
 1.離脱
 2.眠り
 3.新しい世界 
 4.騙されるなかれ
 5.ある男子

 

amazonにて、販売しております!

とにかく、読んでほしいと思います。 

f:id:loudquasar:20180823151925j:plain